運動の前後にやってはいけない習慣

運動前後の習慣はパフォーマンスに大きな影響を及ぼすのでとても大事。

食事はパフォーマンスに直接関係してくるし、入浴や睡眠などのケアは翌日のコンディションに関係してきます。

運動をする日の朝は食欲がなくても少しくらい食べないといけません。

運動中にエネルギー不足で身体が動かなります。

また、血圧が低い状態での運動は頭がボーッとして判断力が鈍くなり、思わぬ怪我や事故につながるので危険です。

運動直後の入浴はよくありません。

運動後の入浴は30分以上の休憩をとり、呼吸数と心拍数が安定してからすること。

お風呂の温度は40度未満のぬる湯が理想。

そして、筋肉の疲労回復にはアイシングが効果的です。

温かいお湯に浸かってから、水風呂で筋肉を冷やすと疲れがとれやすくなります。

運動後の飲酒は危険なのでやめましょう。

運動後の体内は水分が足りていない状態です。

水分量が少ない状態でお酒を飲むとアルコールの吸収率が上がります。

また、アルコールの利尿作用により、脱水症状に陥るリスクも高まります。

さらに、睡眠の質も低下し、疲労回復にも大きな影響を及ぼすので飲酒は避けるべきでしょう。

運動後は十分な水分とミネラルとタンパク質の補給が優先です。

運動をする際は、朝食や入浴、飲酒の習慣も合わせて見直す必要があります。

いくら健康増進のために運動をしても、間違った習慣を続けていたら意味がありません。