ウマい袋麺シリーズ!アイランド食品の銘店伝説「ホープ軒」を食べてみた。

ホープ軒本舗」といえば、住みたい街ランキング上位常連の吉祥寺にある有名なラーメン店

1938年創業の老舗で背脂系スープの元祖といわれています。豚骨の出汁がベースで背油とニンニク、醤油が決め手の豚骨醤油ラーメン

ホープ軒本舗は、歌舞伎役者の中村獅童さんが大ファンと公言しているお店です。

アイランド食品の銘店伝説「ホープ軒本舗」①

そんな名店の味が袋麺になっているんですよ。それがアイランド食品銘店伝説シリーズ。

銘店伝説のホープ軒本舗を食べてみたのでレビューします。

銘店伝説のホープ軒本舗

スーパーで税抜276円で購入しました。2食入りなので1杯あたり約150円。店舗で食べたら650円しますのでかなり経済的です。

アイランド食品の銘店伝説「ホープ軒本舗」②

中身はこんな感じ。もちろん生ラーメンですよ。賞味期限も1ヶ月ほど保つので焦って食べなくても大丈夫!

1人前の麺の量は110g。カロリーは530kcalとなっています。麺の量が少ないため、必然的にカロリーも低めです。

トッピングは、海苔とチャーシュー、ネギ、もやしがあるとホープ軒らしくなります。すりおろしたニンニクはお好みで。

麺のゆで時間は2分〜2分半。僕は固めが好みなので2分ジャストにしました。

湯きりは肝心ですが、自宅で腕を大きく振り回すのは火傷をするのでやめましょう!

お湯で割ったスープに麺を投入し、トッピングを乗せたら完成です。

感想

アイランド食品の銘店伝説「ホープ軒本舗」③

こちらが銘店伝説シリーズで作ったホープ軒本舗のラーメンです。もやしが無かったのが残念…。

店舗のものと比べると背脂が少ない。あと、麺が細麺のストレートです。確か、ちぢれ麺だった気がします。

では実食!こってりとしたスープのコクがたまりません。脂っこくなくてちょうどいいです。

だけど、ちょっとスープが薄いかも…。袋通りの作り方だと270ccのお湯で割るのですが、250ccくらいがちょうどよさそう。そうしたら、もっとスープがこってりした仕上がりになったと思います。

ただ、やっぱりホープ軒はウマいです。細麺なので食べ応えがイマイチ。そんな時は、ご飯を投入してラーメンライスを楽しみましょう。

約150円でホープ軒の味を楽しめるなんて、銘店伝説のコスパ最高!

インスタント麺と比べると割高ですが、試してみる価値はありますよ。気になる方はチェック!

終わりに

銘店伝説は、横浜の「吉村家」や博多の「だるま」など全国各地の有名店の味を再現しています。これも食べ比べてみるとおもしそうです。

実はもうストックがあったりして…。とりあえず、ホープ軒本舗はおいしかったですよ。

自宅であの豚骨醤油ラーメンを食べられるとはね、まったく便利な世の中になったなあ、と思います。

■製造者:アイランド食品
■商品名:銘店伝説「ホープ軒本舗」
■内容量:110g
■カロリー:530kcal

関連記事

  1. 日清の「麺ニッポン 横浜家系ラーメン」がカップ麺なのにウマすぎる!

  2. 旭川らぅめん青葉のHPが超レトロ!銘店伝説「青葉」を食べてみた。

  3. 【カップ麺】ヤマダイの名古屋発台湾まぜそばでご当地グルメを学ぶ。

  4. ニオイが強烈なカップ麺!エースコックの「ギョーザパンチ」を食べてみた。

  5. ニュータッチのカップ麺「凄麺 新潟背脂醤油ラーメン」を食べてみた。

  6. 札幌にある小さな店の味噌ラーメン!銘店伝説「桑名」を食べてみた。

  7. 八王子ラーメンの代表格!銘店伝説「みんみんラーメン」を食べてみた。

  8. 日清食品の袋麺「まぜ麺の匠 台湾まぜそば」を食べてみた。

人気記事

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP